ドイツワーキングホリデー保険の落とし穴

ドイツワーホリ 保険の落とし穴

ドイツのワーホリ、保険の注意点

日本の海外旅行保険ではドイツのワーホリビザは取れません。

日本の海外旅行保険では補償されない、下記2つの補償が必要だからです。

歯科治療 妊娠時の治療

歯科治療

海外旅行保険に、歯科治療が含まれていないとダメ

※日本の保険でもついているものがあるが高額

 

妊婦

海外旅行保険に妊娠・出産時の治療が含まれてないとダメ

 

ドイツのワーキングホリデーでは、ワーホリビザを取る条件として、ドイツで有効な保険に加入していることが必要となっています。ワーキングホリデーで滞在したい期間の分の保険に加入している証明書を提出する必要があります。

 

注意点としては、保険の補償内容に【普通の医療費以外に、歯の治療及び女性の場合の妊娠時の治療が含まれていること】という条件があることです。この、歯の治療や妊娠時の治療は、一般の日本の海外旅行保険では補償内容に含まれていません。これが、やっかいなのです。参考ページ:ドイツ大使館 東京 - ワーキングホリデー・ビザ

 

解決策

 

解決策としては、ドイツの保険に加入することです。でも、そのとき気になるのが言葉の壁。
しかし、そのときには、日本人経営の海外の保険代理店を利用するという方法があります。

 

申し遅れました。弊社は、フランスの保険代理店「アセット」という会社で、私は石井と申します。
1993年よりフランスで、日系企業及び日系の個人のお客様を中心に営業活動をしており、
ドイツの大手保険会社アリアンツ社の保険を扱っております。

 

日本人のお客様を、ワーキングホリデーの保険でお世話することが多いのですが、
知らずにドイツ現地に到着し、それから困られる方が、あまりにも多いので、
このようなサイトを準備させていただきました。

 

↓こちらのサイトには、日本語の説明も書いております。
  申込は、クレジットカードを使って、インターネットからでも可能です。

 

ドイツ留学・ワーホリ保険
(日本語で、ネットで加入可能。アリアンツ社の旅行保険グローブ・パートナー)
Travel Insurance - Globe Partner

 

値段も、日本の海外旅行保険に比べると、格安で、一年で876ユーロです。

 

 

 


「この海外旅行保険はドイツでも大丈夫です」の言葉に注意

日本の保険会社に聞くと「この保険はドイツでも大丈夫です」というように言われるかもしれません。しかし、その言葉には注意が必要です。「ドイツで大丈夫」というのは、「ドイツで医者にかかった場合の診察費が保険でカバーできる」という意味で、「ワーホリビザが下りる」という意味ではないことがあるからです。

 

保険会社でも、すべての国のビザの発行条件を把握しているとは限りません。ましてや大きな損害保険会社の場合は、海外旅行保険というのは、残念ながら自動車保険などに比べてマイナーな保険ですので、保険会社が詳しく知らないのは、当然と言えば当然とも言えます。結局、自己防衛するしか仕方ないのです。

その他、保険に関しての注意点

ワーキングホリデービザは、ドイツで有効な保険に加入している場合にのみ有効であることにも注意しましょう。

 

ドイツで他の滞在許可書に変更した場合や、あるいは日本に帰国した場合以外には、
保険の勝手な変更や解約は認められていません。

 

その場合は違法滞在とみなされますので、ご注意ください。

 

 

ページの上に戻る

 

 

 

 

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ